[DTP]Illustrator CS3のオーバープリントブラックはここ!


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 以前「[DTP]Illustrator CS3のオーバープリントブラックはどこ?」というエントリーを書いていて、オーバープリントブラックはどこに行ったのかなぁ~なんて悩んでいたら、実はDTP Transitのエントリーにヒントが書いてありました。Illustrator CS3では、[フィルタ]→[カラーを編集]がまるごと、[編集]メニューに移動しました。Illustrator CS3小ネタ紹介(2
以前「[DTP]Illustrator CS3のオーバープリントブラックはどこ?」というエントリーを書いていて、オーバープリントブラックはどこに行ったのかなぁ~なんて悩んでいたら、実はDTP Transitのエントリーにヒントが書いてありました。

Illustrator CS3では、[フィルタ]→[カラーを編集]がまるごと、[編集]メニューに移動しました。

Illustrator CS3小ネタ紹介(2) - DTP Transit

まるごと」なので、当然そこにあった「オーバープリントブラック」も編集メニューに移動しているわけで。

↓結局ここにあったわけだ。

Illustrator CS3のオーバープリントブラック

これでスミノセも簡単にできるようになります。よかったよかった。


それにしてもパターンやグラデーションもグレースケールにできるのは便利ですね~~。

なんか変換すると階調が浅いグレーオブジェクトになる気がしますけど、こればっかりはPhotoshopでもそうなるのでしかたがないか。 

Photoshopの場合は「イメージ」→「色調補正」→「チャンネルミキサー」でモノクロへの変換にするとか(Photoshop CS2の場合)、Labカラーに一旦変換したりすれば階調豊かにはなりますけどね~。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ