FirefoxでYouTube動画を倍速再生しよう


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ YouTube動画をFirefoxで再生する場合、HTML5プレイヤーにしておかないと、倍速再生(再生速度の変更)ができません。

★ざっくり言うと

  • YouTubeでは動画の速度を2倍まで速くできる
  • FirefoxではFlashプレイヤーでの再生になっているとオプションで出てこない
  • Flashプレイヤーの再生から変更するのはHTML5動画プレイヤーのページで行う



●YouTube動画を時短で見ましょう

ということでDTP TransitでYouTube動画を時短で見ようという記事がアップされていましたが、Chrome以外はダメとのこと。

私の環境(OS X Mavericks)では、Google Chromeのみサポートされているようで、FirefoxやSafariでは実現できませんでした。

YouTubeが「早聞き再生」をサポート - DTP Transit(Mac OS X, OS X Mavericks, 動画)

え? Firefoxで以前からできていますが…と思って調べてみたら、Firefoxでは設定次第で変わってくるようです。



●Firefoxで倍速再生できない状態のYouTube動画再生

FirefoxでYouTube動画を見る時に「歯車アイコン」をクリックし、再生速度を変更しようと思っても、設定項目が出てきません。自動再生とアノテーションと画質のみ。

20150108-Youtube-倍速再生-05

画像出典:瀬戸弘司が選んだ!2014年 本当に買ってよかったものランキング 5位→1位(YouTube)


その場合、動画上で右クリックすると、こんな感じになりませんか?

「Adobe Flash Player 16.x.x.xについて」

つまりYouTube動画はFlashのプラグインで再生されているわけです。

20150108-Youtube-倍速再生-06

●Flashを使わずに動画を再生する設定にする

YouTubeはFlashプレイヤーを使わずに、ブラウザーの機能だけで再生するHTML5プレイヤーがあり、設定のページがあります。

それがこちら。

これが「現在、デフォルト プレーヤーが使用されています [HTML5プレイヤーをリクエストする]」とあったら、[HTML5プレイヤーをリクエストする]をクリックして下さい。

20150108-Youtube-倍速再生-02


すると、「現在、HTML5プレイヤーをできるだけ使用するよう設定されています。」となります。

これでOK。

20150108-Youtube-倍速再生-03



●さぁFirefoxで、倍速再生を楽しもう!

HTML5プレイヤーが動作する動画では、「歯車アイコン」をクリックしてみると「速度」が追加されています。

そこで、0.25倍~2倍までの再生速度の変更ができるようになっています。

倍速再生で効率よく動画を見ていきましょう!

20150108-Youtube-倍速再生-01


動画上で右クリックすると、きちんと「HTML5プレイヤー」になっていることがわかります。

20150108-Youtube-倍速再生-07


それでは、よい動画ライフを!



●余談:Internet Explorer 11では…

Internet Explorer 11では基本的にHTML5プレイヤーしか選べないみたいです。

以下はYouTube HTML5動画プレイヤーのページをInternet Explorer 11で開いた状態。

選択肢がないですね。

20150108-Youtube-倍速再生-04

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ