RSSリーダーを使わなくても、サイト更新を知るだけならGoogle NowでOK


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ Googleの検索アプリの機能でサイト更新の通知を受け取ることができます。Chromeブラウザーを日常的に使うことでよく見るサイトが表示され、意外と便利。RSSリーダー不要という人がいてもおかしくないかも。

RSSリーダーのGoogle Readerが終了して早10ヶ月が経ちました。時が流れるのは早いですね。

2011年秋に始まった Google の「大掃除」はまだまだ続きます。今回クビになったのは、Google も「熱心な利用者がいる」と認めるRSSリーダー Google Reader を含む8種のサービスや製品。Google Reader は7月1日をもって停止する予定です。
Google Reader が7月1日にサービス終了。ほか7つのGoogle サービスも統廃合 - Engadget Japanese


私はGoogle Readerではなく、livedoor ReaderでずっとRSSを読んできましたが、最近Googleのサービスを使っていて、ライトなRSSリーダー使いはこれでもいいのかなと思える現象を見ました。


それはGoogle Now。iPhoneだと「Google」というアプリで、Androidだと「Google検索」というアプリです。

20140425-Google-Reader終了とGoogle-Now-02

画像出典:Google検索(Google Play)

このGoogle Nowを起動すると、Googleのサービス料状況に応じたコンテンツが表示されるのですが、私の画面で表示されたのがこちら。

「利用可能な新しいコンテンツ」というタイトルで「最近アクセスしたウェブサイトの更新」を教えてくれます。

20140425-Google-Reader終了とGoogle-Now-01

PLUS1WORLD.com離婚を考え始めた37歳2児パパの日記I/O 3000のサイトが表示されています。

このサイトはちょこちょこ見るサイトです。これらのサイトは主にGoogle Chromeブラウザーで見ていますが、その情報を元に表示しているのでしょう。


RSSリーダーでニュースサイトを読んでいる人は別ですが、更新の頻度がそんなに高くないサイトを読むのにRSSリーダーを使うのは大げさなのかもしれません。更新されているかどうかが分かれば事足りることが多いので、Google Nowの様に、更新の情報だけを知れればRSSリーダーは不要と思える人も結構いるのではと感じました。

現に、上記の3つのサイトは、私はRSSリーダーには入れていないので更新通知は助かっています。


GoogleがRSSリーダーのサービスを廃止したのは、「RSSリーダーのユーザー多くは、RSSでフィードを読みたいわけではなく、サイト更新の通知が欲しいだけだ」と考えたからなのかもしれません。

そう考えると、サイト更新の通知はRSSリーダーの様に様々な情報を表示しなくても、Google Nowの通知で十分。

そんな思惑が見えたGoogle Nowの画面でした。


皆さんがいつも見ているサイトの閲覧はどうやっていますか?

もし良かったらコメント欄やソーシャルメディア(Twitter・Facebook・Google+など)で教えて下さい。


それでは。


カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ