Wi-FiアダプターをGW-USNano2に変更。Windows 8で動作チェックとレビュー。


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ プラネックスのUSB接続のWi-FiアダプターGW-USNano2はWindows 8でも問題なく使用できました。サイズや動作している様子などをレビューしています。
1月31日までのWindows 8へのアップグレードがお得なキャンペーンを使って、自宅のデスクトップPCをWindows 8にしてみました。

Windows 8へのアップグレード自体はあまり問題なくできたのですが(対応していないソフトは削除したけど)、使っていた無線LANのアダプターの認識がされずに大変困りました。

使っていた無線LANのアダプターはコレガ(Corega)の「CG-WLPCI54GL」というPCIスロットへ挿すタイプのものです(USB使いたくなったので)。

20130202-Wi-Fi-アダプタ-CG-WLPCI54GL-01

デバイスドライバーはWindows Vista用までしかないのですが、Windows 7で問題なく使用できていたので、Windows 8でも当然使えると思っていたのが間違いだったみたいです。内部的には結構デバイスドライバーの扱いが変わっているのかな…。


仕方が無いので、Wi-Fiアダプターを新しく買うことにしました。

Amazonでそんなに評価が悪くなさそうで、結構新しいタイプのものを探していたら、プラネックスコミュニケーションズのGW-USNano2を購入する事にしました。


こちらのレビューを簡単に。


Wi-FiアダプターをGW-USNano2にした理由

Wi-FiアダプターをプラネックスコミュニケーションズのGW-USNano2にした理由は次の通りです。
  • Amazonで1000円以下だった(購入時に845円)
  • 大きさがものすごく小さい
  • 感度もレビューを見る限り悪くなさそう
  • Windows 7対応なのでWindows 8対応していそう
  • 他のプラネックスコミュニケーションズの製品を使っていてそちらも良かったので


GW-USNano2の写真レビュー

GW-USNano2のパッケージはこんな感じでシンプルなものになっています。
20130202-Wi-Fi-USBアダプタ-GW-USNano2-01


GW-USNano2のサイズは持ってみるとこんなに小さいです。
20130202-Wi-Fi-USBアダプタ-GW-USNano2-02


横から見るとこんな感じ。
20130202-Wi-Fi-USBアダプタ-GW-USNano2-03


USBコネクターの反対側というか上側というかにワンタッチでセキュリティーの設定ができるWPSのボタンがあります。
20130202-Wi-Fi-USBアダプタ-GW-USNano2-06


USBのハブに接続して実際に使用している様子です。
横幅がないので、これだけ並んでUSBポートに挿してあっても全く邪魔になりません。
20130202-Wi-Fi-USBアダプタ-GW-USNano2-04


通信中はわずかに赤いLEDが光って通信中であることを教えてくれます。
かなり控えめです。
20130202-Wi-Fi-USBアダプタ-GW-USNano2-05


Windows 8での動作について、そしてお薦めかどうか

プラネックスコミュニケーションズのGW-USNano2のページでは対応OSはWindows 7までと書いてありますが、問題なくWindows 8でも使えています。

電波の掴み(強さ)も十分強く、今までアンテナ付きで使っていたのが何だったんだろう…と少し思ってしまうくらいでした。


とうことで、価格もかなり安く購入できますし、コンパクトで邪魔になりませんので、Windows 8でWi-FiアダプターのGW-USNano2はお薦めです。

PLANEX ゲーム・パソコン・ケータイをかんたんWi-Fi接続! WPSボタン付 150Mbpsハイパワー無線LAN USBアダプタ GW-USNano2

プラネックス 2010-12-10
売り上げランキング : 625
by ヨメレバ



カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ