iPhoneのSafariで見ているページをChromeで開くブックマークレット


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ Chrome for iOS使っていますか?私はiPhoneにインストールして使っています。ブックマークや閲覧の同期が便利なので、ASUS Transfomer TF201とWindowsのChromeで同期して使っています。iPhone(iOS)・Android・Windowsと、OSの壁を意識させずにあっちで見たページを後でこっちでも…というのは意外と便利ですね。さて今回はiPhoneのSaf
20120714-Chrome-for-iPhone-00

Chrome for iOS使っていますか?


私はiPhoneにインストールして使っています。
ブックマークや閲覧の同期が便利なので、ASUS Transfomer TF201とWindowsのChromeで同期して使っています。

iPhone(iOS)・Android・Windowsと、OSの壁を意識させずにあっちで見たページを後でこっちでも…というのは意外と便利ですね。


さて今回はiPhoneのSafariで見ているページをすぐにChrome for iOSで見るという技の紹介です。



手動でSafariからChromeへ切り替える

アイドルマスターシンデレラガールズ(以下モバマス)を例にやってみます。


モバマスのページをSafariで開いたら画面上部のアドレス欄をタップします。
20120714-Chrome-for-iPhone-02


アドレス欄の一番左端のhttpまでカーソルを持ってきます。
20120714-Chrome-for-iPhone-03


「http」と表示されている部分を「googlechrome」と書き換え、「Go」ボタンをタップします。
20120714-Chrome-for-iPhone-04


アプリが切り替わります。
20120714-Chrome-for-iPhone-05


先ほどSafariで表示していたページと同じページがChrome for iOSで開きます。
20120714-Chrome-for-iPhone-06

以上です。


ブックマークレットでSafariからChromeへ切り替える

手動では面倒…という方はブックマークレット(JavaScript)での切り替えをお薦めします。


以下のJavaScriptをブックマークとしてSafariに保存します。
javascript:location.href=location.href.replace(/^http/,"googlechrome");


「Chromeで開く」などの名前を付けておけばわかりやすいですね。
あとはSafariで好きなページを開いて、ブックマークをタップするだけです。


よいChromeライフを。

それでは。


Chrome for iOSのダウンロードはこちらから

20120714-Chrome-for-iPhone-01


余談・補足

参考にしたライフハッカーのページのブックマークレットを最初見て、「httpsのページは動かないのでは…」と思って書き始めたのがこのエントリー(なのでJavaScriptも違います)。


ただ、調べていたらGoogleのDeveloper向けのページで以下の記述があったので納得。
Currently Chrome for iOS only handles two URI Schemes:

・googlechrome for http
・googlechromes for https

To check if Chrome is installed, an app can simply check if either of these URI schemes is available:
Opening links in Chrome for iOS - Google Chrome Mobile ― Google Developers
「https」の場合は「googlechromes」ということですね。

このURIスキームの技を使えばiPhoneアプリから直接Chromeへアドレスを渡して開くことが可能ということです。

まずGoogleはGoogle+アプリとGmailアプリからChromeを起動できるようにすべきでしょうね。
なぜそうしないかは疑問です。



参考

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ