【春から始めるEvernote】Evernoteのプレミアム料金を500円程度安くする技


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ このブログで最近人気のある記事は「3秒でEvernoteのプレミアム料金を500円安くする裏技」です。Evernoteを使う人がどんどん増えてきて、プレミアム会員になる人の数が増えてきたのでしょうね。あとは新年度なので、これからEvernoteを活用していきたいという方が時期的に多いのかもしれません。しかし、皆さんやはりプレミアム料金は安くしたい。「3秒でEvernoteのプレミアム料金を500円
20140418-evernote-プレミアムパック-00

このブログで最近人気のある記事は「3秒でEvernoteのプレミアム料金を500円安くする裏技」です。


Evernoteを使う人がどんどん増えてきて、プレミアム会員になる人の数が増えてきたのでしょうね。
あとは新年度なので、これからEvernoteを活用していきたいという方が時期的に多いのかもしれません。


しかし、皆さんやはりプレミアム料金は安くしたい。


3秒でEvernoteのプレミアム料金を500円安くする裏技」ではドル建てでプレミアム料金を支払うと安くなるというものでした。


さて、この記事へのいさぎさんからTwitterでの言及(ツイート)で以下の言及がありました。



郵便番号がどこの話なのか、PayPalに登録しないで行う所の話なのか、ちょっとわかりませんでしたが、とにかくうまくできないということのようです。
この問題はPayPalの日本語サイトでPayPalの会員登録を終わらせておいて、支払時はPayPalにログインして支払う、とすれば問題がなかったのではないかと思います。どうだったのでしょうか…。


さて、いさぎさんの前後のツイートを見ていたら、国・地域を「United State」にしてドル建てにしなくても、500円くらい安くプレミアム会員になれることを発見したそうです。


確認してみたら「そんな所に…」というものでしたのでご紹介します。


今回は英語はわからなくてもOK。日本人に優しい内容です。

Evernoteのプレミアム料金を500円くらい安くする方法

お得にプレミアムにする方法は、なんと「ソフトウェアとしてEvernoteの使用権を購入する」でした!


どういったものかというと、Evernoteのプレミアムの機能を1年間使える情報をソフトウェアとして販売しているのです。


販売元はソースネクスト、ソフトウェア名は「EVERNOTE プレミアムパック 1年版」です。


この「EVERNOTE プレミアムパック 1年版」には1年分のプレミアム会員の権利とともに『仕組みや使い方がよくわかる「EVERNOTE ハンドブック」特別版』(PDF形式)が付いてきます。

初めてEvernoteを使う方に役立つ資料なのではないかと思います。
20140418-evernote-プレミアムパック-02


それでは実際に購入するにあたって、「EVERNOTE プレミアムパック 1年版」 をお得に購入するために、価格.comで料金を確認してみましょう。
20140418-evernote-プレミアムパック-01


すると、最安値は3,578円です!(いーでじ本店:2012年4月19日現在)


普通に契約するより422円もお得です!
それも初心者向け解説PDFも付いて! 

これはまだEvernoteのプレミアム会員になっていない人は買うべきですね。

こういう商品はいつまであるかわからないし(苦笑)。


ちなみにソースネクストの直販サイトだと現在3,980円です。これだとちょっとお得感はあまりないですね。



実は既にプレミアム会員になっている人も有効

このソフトウェアは既にプレミアム会員になっている方もプレミアム会員期間を1年延長するために使用することができるので、現在プレミアム会員になっている方も検討してみてはいかがでしょうか?

すでにEvernoteのアカウントをお持ちの方も、同梱のプレミアムコードを入力するとプレミアム会員サービスを1年間ご利用いただけます。
みんなのEVERNOTE(エバーノート)|EVERNOTEを使おう|ソースネクスト総合サイト

それでは、よいEvernoteライフを。


参考情報

今回の記事はいさぎさんのツイートの情報から作成しました。
情報ありがとうございました。



余談

このネタは本当は2012年4月16日に開催された「内野ソーシャルカフェ Evernote勉強会」で披露しようと思っていたネタです。

内野ソーシャルカフェの笹川さん・さとうさんにはいつもこのような場を提供して頂いて感謝しております。
この場を借りてお礼申し上げます。



カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

リアクションやコメントをどうぞ