山は緑色、海は青色。本当にそうなの?


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 会社への通勤路に小中学生の時に同じ学校へ通った人の家がある。その彼の言っていた言葉が印象深くて、それも今思い出すとまた違った意味にも取れるので、勢いだけで書いてみようと思う。彼は絵がうまかった。
20120410-山は緑色、海は青色。-01
出典:Coastal Scents Eyeshadow Palette matte/satin 5 by pumpkincat210


会社への通勤路に小中学生の時に同じ学校へ通った人の家がある。


その彼の言っていた言葉が印象深くて、それも今思い出すとまた違った意味にも取れるので、勢いだけで書いてみようと思う。


彼は絵がうまかった。

彼の絵はうまかったというか、なにか独特な感性を持っていた、と当時は感じていた。


小学校の屋上で風景を見て、絵を描く授業があった。
校舎の屋上からは山と田んぼが少し見える感じだ。


みんな絵の具を混ぜ、絵を描いていた。


みんな山を書いたり家を描いたりしていた。


山は緑色。


自分もそんな風に描いていた。


でも、彼は山の色を「水色」で描いていた。



ものすごく驚いた。



「山の色は緑色だよね。なんでその色で描いたの?」




答えは明確。



「遠くに見える山は緑色に見えないよ。」



答えを聞いて混乱した。



でも、改めて遠くの山を見たら…確かに緑色ではなかった。



遠くの山の色は水色だったのだ。



彼は自分の見た色で絵を描いていただけだった。



自分は思い込みで色を付けていただけだった。



思い込みが先にあって、本当の色を見ている気になっていただけだった。



今、この言葉を思い出すと、自分が本当に思い込みなしで物事を見ているか心配になる。


目で見てはいるけど、思い込みでこうではないかと思ってはいないか。
耳で聞いているけど、思い込みでこうではないかと思ってはいないか。


そんなことを考えてしまうここ最近なのだった。


20120410-山は緑色-00


※オチはありません。

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ