amazonの電子書籍フォーマット「Kindle Format 8」は日本語に対応しない?


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ amazonのKindleで使用できるファイル形式の「Kindle Format 8」ですが、Twitterを見ていたら「Kindle Format 8」に関して日本語に対応しないという旨のツイートが流れてきました。Kindle Format 8が日本語に対応しないということは、たとえamazon jpが出版社と合意に至っても日本では自主出版をサポートしないつもりなのでしょうね。残念。 #dens

amazonのKindleで使用できるファイル形式の「Kindle Format 8」ですが、Twitterを見ていたら「Kindle Format 8」に関して日本語に対応しないという旨のツイートが流れてきました。



確か「Kindle Format 8」の中身はほとんどがHTMLとCSSでできているという話を聞いていたのでちょっと疑問に思いました。

HTMLに対応しているのであれば、当然UTF-8には対応しているはずだし、日本語に対応しないというのはどういうことなのか…。

そんな風に思ったなのでほんの少しだけ調べてみました。
ITmediaには以下の様なニュース記事があった。

 米Amazon.comは10月20日(現地時間)、MOBIフォーマットに代わるKindleの新ファイルフォーマット「Kindle Format 8」を発表した。Kindle FireがKindle Format 8をサポートする最初のデバイスとなり、その後第4世代KindleおよびKindle Appなどでもサポートされる予定。

同フォーマットはHTML5とCSS3をベースとしたファイルフォーマットとなっているのが特徴で、その意味ではEPUB 3に近いものだということもできるが、サポートされているタグの一覧を見る限り、縦書きなど日本語組版で期待されるプロパティは確認できない。
Amazon、新たな電子書籍ファイルフォーマット「Kindle Format 8」を発表 - 電子書籍情報が満載! eBook USER

つまり「縦書きが対応していない」=「日本語に対応していない」ということなのか。

CSS3での縦書きはなんだったか忘れてしまったので検索してみると、「writing-mode」というCSSを使うようです。
W3Cのページを見てみます。

CSS Writing Modes Level 3 defines CSS features to support for various international writing modes, such as left-to-right (e.g. Latin or Indic), right-to-left (e.g. Hebrew or Arabic), bidirectional (e.g. mixed Latin and Arabic) and vertical (e.g. Asian scripts).

A writing mode in CSS is determined by the ‘writing-mode’, ‘direction’, and ‘text-orientation’ properties. It is defined primarily in terms of its inline base direction and block flow direction:
CSS Writing Modes Module Level 3

「writing-mode」「direction」「text-orientation」のプロパティが定義されているようです。
「writing-mode:vertical-rl;」といった感じで書くようです。

確かにこのプロパティは「Kindle Format 8」(KF8)のサポートしているCSSには入っていないです(directionは入っている)。


そうなると日本語の縦書きは厳しいですね。
AppleのiBooks Authorも縦書きは対応していないようなので、メーカー標準フォーマット(AppleはiBooksフォーマット)では日本語の縦書きの電子書籍は難しいということになりますね。

ただ、横書きの日本語であれば問題なさそうです。
そのまま横書きの日本語電子書籍がどんどん増加していって、デファクトスタンダードになってしまったら、中国の様に横書き文化に移行してしまうのか、注目したいと思います。


余談

先ほどのツイート主のツイートの1つ前のツイートを見てみたら縦書きの件には言及していました。


ただ、Kindle Format 8がHTML5とCSS5を「フルサポートする」と宣言されているかは、ちょっとKindle のページを見てもわかりませんでした。

ただ、Kindleのビュアーはソフトウェアアップデートで機能改善は行えるので、将来アップデートで縦書きなどに対応する可能性も否定できないでしょう。

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ