決済機能付きATNDのeventATNDが登場! 有料イベントの開催も簡単になるね


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 飲み会やセミナー・勉強会などで結構大活躍の参加表明受付ツールのATND(アテンド)、皆さん使っていますか?イベント開催支援ツール アテンド : ATNDこのサービスはイベントの日時や場所・概要などを記載すると、専用のページができてイベントの参加表明の受付ができる様になります。例:新潟ソーシャルメディアクラブ in 五十嵐邸ガーデン : ATNDicsというカレンダー用のファイルも出力できるのでGo
20111202-event-atnd-00


飲み会やセミナー・勉強会などで結構大活躍の参加表明受付ツールのATND(アテンド)、皆さん使っていますか?


このサービスはイベントの日時や場所・概要などを記載すると、専用のページができてイベントの参加表明の受付ができる様になります。


icsというカレンダー用のファイルも出力できるのでGoogleカレンダーやMac OS Xのカレンダー機能を利用している人はすぐにスケジュールとして組み込めて便利です。

ATNDのイベント情報をGoogleカレンダーにインポートする方法については以前書いた「ATNDの予定をGoogleカレンダーに簡単にインポートする」をご覧下さい。


さて、このATNDですが長年βと書かれて運用されていましたが、ついに新しいバージョンが出ました。

新機能搭載の新しいバージョン名はeventATND(イベントアテンド)です。
決済機能が付いて、チケットの支払いをネットで事前に行うことができる様になっています。
これは便利。

案内ってあったっけ?

eventATNDはATNDのトップページにひょこっと下の様な案内がサイドバーに書いてありました(ATNDの各イベントページにも控えめに書いてある)。

20111202-event-atnd-02


今後はeventATNDの開発を進めていくのでしょうね。
チケットの支払いの部分の手数料で多少マネタイズができる仕組みができたわけですし。
eventATNDは、実は無料のチケットも作成できるので、今まで通りの使い方もできそうな気もするので、ATNDβのユーザーはこちらを使うことも多くなるかもしれません。


ただ、eventATNDはATNDβみたいにicsファイルやRSSの書き出し機能が無いようなので、カレンダー機能を使っている人にはすこぶる不便です。

またログインはATNDにユーザー登録しないとダメのようです。今までみたいにTwitterやはてな・livedoor ID・Open IDなどではログインできないようです。面倒だ…。

有料チケットの支払いや手数料について

まず、有料チケットの支払いに使える決済方法はクレジットカード決済だけのようです。
ここら辺は仕方が無いでしょうかね。


また、イベント主催者が大いに気になる「運営会社のリクルートに支払う手数料がいくらなのか」は、規約に書いてありました。

第9条(サービス対価)

1.リクルートは、イベント参加者及びリクルート間で有料チケットに関する売買契約が成立し、イベント主催者がイベント参加者に対し有料チケットの内容に基づくイベントを提供した場合、売買契約が成立した有料チケットの販売単価に92%を乗じた額(小数点以下切り上げとします。)を、別途リクルートが定める期日までにイベント主催者に支払うものとします(当該支払額を以下「サービス対価額」といいます。)。

2.リクルートは前項に基づき算出した金額を本サイト所定の方法でイベント主催者が指定する金融期間の口座に本振込金額を振り込むことをもってイベント主催者に対する本条における債務を履行したものとみなすものとします。なお、振込手数料は、リクルートが負担するものとします。
eventATNDイベント主催者規約

なんかわかりづらいのですが、一旦リクルートがお金を受け取るのでこういう書き方みたいですね。
つまり100%-92%=8%を手数料として引かせてもらいますということを言いたいらしい。
またチケット代金の銀行口座への振り込み手数料が無料なのは嬉しいですね。


先にイベントの参加費は支払っておきたい、支払って頂きたい(=会場の受付をスムーズにしたい)という場合には、eventATNDはかなり有効に使えそうですね。


それではまた(^-^)/

ご参考まで

似た様なサイトにeverevoがあります。

こちらの手数料は8.6%+40円ですね。(3.6%というのはPayPal関係の値ですね)
有料イベント、かつチケットが売れた場合のみ、チケット金額に応じた手数料を頂きます。(2011年6月1日現在)

everevoでは有料イベントを開催し、かつ、イベントの参加チケットが売れた場合のみ、手数料を頂いています。
システム利用手数料(5%)。と、決済手数料(最大3.6%+40円)の2つの手数料の合計金額が、お支払いいただく手数料となります。
利用料はどうなっているの? | everevo Help & FAQ
everevoはクレジットカード決済だけではなく、銀行振り込みや会場払いなどにも対応しているので、eventATNDより都合が良い場合もあるかもしれませんね。(来場者の特性にもよる)

こちらも無料のチケットが発行できますので、ATNDと同じように利用できます。

ちなみにeverevoはTwitter・Facebook・mixiのアカウントでログインできる様になっています。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ