HootSuiteで公式RTと非公式RTを使い分けるための設定


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 今回の地震の件だけではないですが、Twitterの公式RT(リツイート:ReTweet)と非公式RT(※)で色々話題になっているので、ユーザーの多そうなクライアントのHootSuiteでどうすれば公式RTできるのかを説明します。※公式RTが出る前からあるリツイートの形式。コメント付き引用などとも呼ばれることもあります。【注】HootSuiteはとても便利に使えるウェブで動作するTwitterクライ
20110312-hootsuite-retweet-00

今回の地震の件だけではないですが、Twitterの公式RT(リツイート:ReTweet)と非公式RT(※)で色々話題になっているので、ユーザーの多そうなクライアントのHootSuiteでどうすれば公式RTできるのかを説明します。


※公式RTが出る前からあるリツイートの形式。コメント付き引用などとも呼ばれることもあります。


【注】
HootSuiteはとても便利に使えるウェブで動作するTwitterクライアントです。日本語対応。

手順


HootSuiteの画面の左上の方から「設定」をクリックし、「基本設定」をクリックします。

20110312-hootsuite-retweet-01
 

「Twitterの公式リツイート」というところにチェックを入れて、「設定を保存する」をクリックします。

20110312-hootsuite-retweet-02
 
以上です。


公式RT(リツイート)しかできないのか?



この設定をすると、HootSuiteで公式RTしかできない…と思いませんか?

少なくとも私はそう思っていて、非公式RTをよく使うので「Twitterの公式リツイート」のチェックは外していました。



ですが、実際RTを使用とすると…

20110312-hootsuite-retweet-03
 
「フォロワーにリツイートする? [Yes][編集]」とか出てきます。
「Yes」はクリックすると先ほどの設定により公式RTされます。当たり前ですね。



では「編集」はなんなんだ?ってクリックしてみると

20110312-hootsuite-retweet-04
 
なんだよしっかり非公式RTになるじゃんかよ!


結局「Twitterの公式リツイート」のチェックをつけておくと、公式RT・非公式RTどちらもできる様になって便利になります。だったら設定画面にそういう風に書いてくれればいいのに…。


ということでHootSuiteでは非公式RTする人も「Twitterの公式リツイート」にチェックを入れて使った方が良いと思います。


それでは良いHootSuiteライフを送りましょう!ではでは~ (´▽`)ノ

 
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ