二進も三進も行かない


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 冥王星の向こうに更に惑星があったと言うニュース。ゼナというどこかの商品名のような名前が付いているそうですが、はて、日本語では「何星」になるのでしょうかね。それはさておき、AP通信のニュースの中で二進も三進も行かない状況だlivedoor ニュース - 冥王星が太陽系の惑星でなくなる!?=世界の天文学者が議論とあって、何て読むのだろう??と思いました。まさか「にっちもさっちもいかない」じゃないよなぁ
c778fa9f.jpg冥王星の向こうに更に惑星があったと言うニュース。ゼナというどこかの商品名のような名前が付いているそうですが、はて、日本語では「何星」になるのでしょうかね。

それはさておき、AP通信のニュースの中で
二進も三進も行かない状況だ
livedoor ニュース - 冥王星が太陽系の惑星でなくなる!?=世界の天文学者が議論

とあって、何て読むのだろう??と思いました。まさか「にっちもさっちもいかない」じゃないよなぁと思って新明解国語辞典(第五版)を開くと、やはり「にっちもさっちもいかない」だそうです。

意味は
新明解国語辞典 第6版 特装版どんなにくふうしても進退が自由に出来ない(危機を脱出出来ない)ことを表わす。新明解国語辞典

だそうです。「表わす」って送り仮名がなんか変だけどまぁいいや(個人的・ATOK的送り仮名は「表す」と「す」だけ)。

ちなみに新潮社の『新潮国語辞典 第二版』には「(珠算の割り声から)どう工夫しても。どうにもこうにも。」という風に書いてあって、2でも3でも割れないと言う意味なんでしょうかねぇ。

あと「割り声」ってのは割り算の九九です。ただ聞いても意味はわかんね~。(新潮国語辞典には割り声の例が書いてあるが、何割る何なのか全然わからない…)



そんなわけでlivedoorのニュースのページを見て日本語の勉強になりました。おわり。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ