Google Desktop Seacrhで自分のWEB履歴を検索する


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ Google Desktop Search(GDS)を導入してしばらく経つ。GDSを導入してバグみたいなものを発見した。GDSを導入(インストール)したときにメインのメールソフトにNetscape7を使っていて、その後メインのメールソフトをThunderbirdに切り替えると、メールのインデキシングが正常に動作しなくなってしまうようだ。Netscapeの方をインデキシングしようとするのでいつまで経
Google Desktop Search(GDS)を導入してしばらく経つ。
GDSを導入してバグみたいなものを発見した。GDSを導入(インストール)したときにメインのメールソフトにNetscape7を使っていて、その後メインのメールソフトをThunderbirdに切り替えると、メールのインデキシングが正常に動作しなくなってしまうようだ。Netscapeの方をインデキシングしようとするのでいつまで経ってもThunderbirdのメールはインデキシングされず不便…というもの。

結果的にはアンインストールして再インストールしたら直ったが。

Google Desktop SearchでWEB閲覧の足跡を検索さて、そんなGDSですが思わぬ便利な使い方を発見。Google Desktop Searchの検索で「http」と入力すると、自分のWEBの閲覧の履歴を見ることができます。httpはWEBのページにはほとんどの場合使用されているからね。それも検索結果に出てくるのは「そのページの画像付き」で出てくる。わお、これは便利。画像がもう少し大きければいいが、ないより全然いい。

こんなイメージのページだったよな…というのでもすぐに見つけられるGDS。なかなか良いですね。

…とか思ったら「xxxxx ウェブの履歴」って所をクリックしたら同じ結果になった。がっくし。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ