最近のPDF事情。やっぱりMacOSXのPDFは行儀が悪い


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 色々な情報収集をインターネットでしているとHTMLではなくてPDF形式で情報を公開されているところも多いですね。最近は各社から様々なPDF作成ソフトが販売されていますから、Adobe純正ではないPDFもかなりの数になってきたように思います。最近見たPDFで驚いたのは帳票作成ソフトにPDF作成の機能が付いていて、見積もりなんかをPDFで先方(見積もり依頼主)に送信、何てことができるのを見たときでした
色々な情報収集をインターネットでしているとHTMLではなくてPDF形式で情報を公開されているところも多いですね。最近は各社から様々なPDF作成ソフトが販売されていますから、Adobe純正ではないPDFもかなりの数になってきたように思います。最近見たPDFで驚いたのは帳票作成ソフトにPDF作成の機能が付いていて、見積もりなんかをPDFで先方(見積もり依頼主)に送信、何てことができるのを見たときでした。まぁExcelやWordをメールで送りつけられるよりは100倍くらい良いかもしれません(ウイルスが怖いし)。
さて、そんな中、Mac用のFTPソフトはないんかいなーと思って検索していたら「Active Mounter」というソフトがありました。説明を見ると、Finderっぽい感覚で使えるFTPソフトみたいですね。というかAppleはデフォルトでFTPにアップできるようにしろ、と思うのは私だけでしょうか。で、説明書(PDF形式)を読もうとしたら次のような画面が…。
Acrobat Reader4.0で見た場合Acrobat Reader4.0で見たときです(んーMacOS8.1だとまだAcrobat Reader4.0は健在(笑))。何が何だか読めません。フォントが埋め込んでないのかなーと思ってみてもきちんとフォントは埋め込まれていますし、PDFのバージョンは「1.3」とAcrobat Reader4.0でも読めるバージョンですね。じゃぁ原因は何かというと…

PDF作成元はMacOSXMacOSXのQuartz PDFContextでした。おーい、なんだこりゃー。Apple。

Adobe Reader7.0で見た場合ちなみにAdobe Reader7.0で見たときは正常に表示されました。いや…見本がないので正常に表示されているんだと思う…というレベルですが(汗)。しかしまぁAppleさんもきちんとPDFに準拠したものを作っているのか本当に疑問ですな。こんなん見ると。Desktop PDFなんて幻だったのでしょうかねぇ。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ