Illustrator 2020の保存時間を短くするには「バックグラウンドで保存」をオフに


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ Illustrator 2020では「バックグラウンドで保存」しない方がファイルを保存する時間が短くなります。ほかにも微妙に保存されていなかった問題などがあるので、「バックグラウンドで保存」の扱いには注意が必要です。
Illustrator 2020の保存時間を短くするには「バックグラウンドで保存」をオフに

みなさん、Illustrator 2020(Adobe CC Illustrator 24)を使っていますか?


Illustrator 2020を使っている人に朗報です。

結論はタイトルで落ちていますが(笑)、「バックグラウンドで保存」をオフにすると、Illustrator形式での保存が早くなります!

結論だけではアレなんで、実際に計測してみました。

目次 [ 隠す ]
Loading...

検証に使ったファイルはカワココさんのアートワーク

検証用にどんなファイルが良いかな…と、私が考えつくのはIllustrator 10のサンプルアートである「カバーガール.pdf」です。

このデータは透明効果を大量に利用した、PC/Mac泣かせのデータだったので、保存は非常に時間が掛かります。なので、以前にこのファイルをPDF/X-1aで書き出すと、とても時間が掛かるという動画を作りました(笑)。


とはいえ、そんなの今時どこで入手するの?ということで、ほかのアートワークにします。


複雑なアートワークといえば、やはり、RIPクラッシャーの異名があるとかないとかのカワココ先生のアートワークにしようと決めました。

複雑でダウンロードしやすいものとして思い出したのは、Adobeの公式ブログに掲載されたアートワークです。

※2020年10月現在、アーカイブされているようです。Web Archiveのリンクはこちら。


こちらのページに「And you can also download the Illustrator file」とあって、こちらのリンクからIllustratorのファイルがダウンロードできます。実際はPDF形式になっているのですが、気にせずIllustratorで開きます…。

ファイルを開くとこんな感じです。細かいですね~~。


ちなみにアウトライン表示ではこんな感じ…。すごい。


このファイルを「バックグラウンドで保存」をオン・オフでどの程度保存時間が変わるのかを確認します。

「バックグラウンドで保存」の設定は環境設定(メニュー→「編集」→「環境設定」)の「ファイル管理・クリップボード」の項目にあります。デフォルト(初期設定)は「バックグラウンドで保存」する設定になっています。


今回使用したIllustratorはIllustrator 24.1.1(Illustrator 2020)です。

保存時間の計測方法

保存時間の計測方法ですが、iPhoneの「時計」アプリのストップウォッチで、完了の確認は「目視」という、とてもアナログなものとしました。なお、保存が完了したと判定した方法は以下のとおりです。


「バックグラウンドで保存」にチェックが入っている状態(「バックグラウンドで保存」をオン)では、ファイル名が書かれているタブの進捗度(●●%)の表示が消えた瞬間を完了としました。


「バックグラウンドで保存」にチェックが入っていない状態(「バックグラウンドで保存」をオフ)では、保存中にメニューの「ファイル」を連打して、メニューが展開された瞬間を完了としました(笑)。

保存時間の計測結果

それでは計測結果です。アナログなので多少の誤差は許してね。

「バックグラウンドで保存」をオン

  • 8.02秒
  • 7.99秒
  • 7.92秒

平均:7.98秒


「バックグラウンドで保存」をオフ

  • 6.83秒
  • 6.89秒
  • 6.80秒

平均:6.84秒


どのくらい保存時間が短くなったか

「バックグラウンドで保存」をオンの時の保存時間は平均7.98秒、オフのの時の保存時間は平均6.84秒なので、オフにした方が15%保存時間が短くなりました。

結構差が出ますね。今回は画像を含んでいないため、ファイルサイズは33MBとそんなに大きなサイズではありませんでしたが、わかりやすく差が出ています。

これならみなさんが保存時間の差が出たと感じるのもわかる気がします。


場合によっては相当ファイルの保存時間が短くなるようですね。

余談:Illustrator CC(レガシー)形式で保存した場合

なお、Illustrator 2020形式ではなく、Illustrator CC(レガシー)形式で保存したらどうなるのかも計測してみました。


設定は「バックグラウンドで保存」をオフです。

  • 8.95秒
  • 8.96秒
  • 9.02秒

平均:8.98秒

Illustrator 2020形式で保存したときより遅くなってしまいます。

以前の形式の方が効率が悪いのか、それとも変換的な動作が入るのかわかりませんが、13%保存時間が長くなってしまいました。

安易なダウングレード保存は危険ですが、保存時間の面でも不利になることがわかりました。


勝手な予測ですがiPad版Illustratorに向けて、Illustratorのクラウドドキュメント形式の保存(.aic形式?)ではさらに効率の良い保存方式になるかもしれませんね。

確実にファイルを保存するために現時点では「バックグラウンドで保存」はオフに

ほかにも以下のような「保存が終わっていなかったんかーい問題」もあるので「バックグラウンドで保存」はオフにしておいた方がいいですね。

補足:Illustrator 24.1.1では「バックグラウンドで保存」にバグあり

なお、本題ではありませんが、Illustrator 24.1.1では「バックグラウンドで保存」すると、「白のオーバープリントを破棄」が有効にならない問題があります。

印刷用データとして致命的な問題が発生することがありますので注意してください。


つまり、いずれにしても「バックグラウンドで保存」のチェックはオフにしておいた方が安心ですね。


それでは、よいIllustratorライフを。

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ