Facebookページで人気が出る投稿は短い投稿!【Facebook公式情報】


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ ソーシャルメディア上で実現すべき事は閲覧者・ファンとのコミュニケーションを促進するハブになること。そのためのFacebookからの公式なアドバイスです。
とあるFacebookページを運営していて、いつも長い文章の投稿ばかりしていたのですが、どうやらFacebook的にはあまり良くないみたいです。


理由はこちら。
20130212-facebookの人気が出る投稿-01

「人気がでる投稿は、短く、フレンドリーで、対話的な投稿です。」
と、Facebookのお知らせの通知で言われてしまいました…。
ということは公式見解なのでしょう。


Facebookページへの投稿の反省点

確かに、このアドバイスのあったFacebookページでは長めの文章を投稿していても、あまりコメントやいいね!の反応が少なかったのは事実です。もともとのFacebookページへのいいね!の数が少ないこともあるのですが…。

投稿内容をFacebookが理解しているとは思えませんが、投稿の内容はお知らせ的なものが多く、対話的な内容でもなかったことも事実です。


ソーシャルメディアの運用で大切なこと

ソーシャルメディアを運用していく上で、重要なことのひとつは「閲覧者/ファンとのコミュニケーションを促進する」ということです。ソーシャルメディアがコミュニケーションのハブとなる様に運営していくということです。

talk
出典:talk by lovelornpoets, on Flickr


コミュニケーションしやすい形でソーシャルメディアに情報を流さないと、ソーシャルメディアというより、単に閲覧できるだけの、いわゆるWeb 1.0時代のメディアになってしまいます。


相手が反応を返しやすい投稿は、相手がすぐに理解しやすい/取り込みやすい状態であることが重要で、どんどん大量に情報が流れていく時代には、シンプルに短く情報を伝えることが大切ということなのでしょう。
また、写真の様な直感的な形式もうまく活用することも良いと思います。
(隙のある投稿/ツッコミ処のある投稿というのも良いアプローチかもしれませんネ)


コミュニケーションを促進することで、何が起こるのかというと、より親近感を持ってもらえたり、信頼を獲得することができます。
親近感や信頼が高まることで、コミュニケーションコストを劇的に抑えることができます(費用的な部分と時間的な部分)。下がったコストは、新しいサービスの開発やさらなるコミュニケーションの拡大へリソースを振り分けうことで、さらなるファンの拡大へ繋がります。こうした前に進む循環を進めていければ大変良いですね。


もう一度最後にFacebookからの通知の文章を書いておきますね。
「人気がでる投稿は、短く、フレンドリーで、対話的な投稿です。」


コミュニケーションの基本だと思いますが、このアドバイスを気に留めてソーシャルメディアに今後触れていきたいと思います。


それでは、よいソーシャルメディアライフを。

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ