地震の時のTwitterのプロモーション広告がステキだった件


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ さて、地震と言えばTwitter、という感じで情報流通網として日本で確立した感じのあるTwitterでイイ感じのプロモーション広告がされていたので紹介します。(既に終了しています)
20121208-Twitter-地震-プロモーション-00


12月7日に三陸沖で大きな地震があり、震度5弱の揺れを観測した地域もありました。


私は会社の工場にいて、ディスプレイの左下にGoogle Chromeの機能拡張の緊急地震速報がぴょこんと表示されたので、地震が来るなと思いましたが、実際地震の波が来てみると、結構長い揺れだったので、これはちょっとやばいなと思ったりしました。


ウェザーニュースタッチで確認したらかなり広範囲で大きな揺れが観測されていたようだったので、相当大きな揺れの地震だったようです。
20121208-Twitter-地震-プロモーション-03


さて、地震と言えばTwitter、という感じで情報流通網として日本で確立した感じのあるTwitterでイイ感じのプロモーション広告がされていたので紹介します。(既に終了しています)

それはTwitterのウェブページを見たときに見つけました。

サイドバーはプロモーション広告とトレンドが掲載されているのですが、その中に「#地震」が。
20121208-Twitter-地震-プロモーション-01


はて、こんなときになんなんだろうと見てみると、
20121208-Twitter-地震-プロモーション-02


プロモーション広告は「Twitter日本法人」でした。


地震に関する情報共有のお知らせでした。


これはナイスなプロモーション広告ですね。


Twitterをインフラとして自ら認識し、緊急時に必要な情報、そして手法を提示する。
そして、広告を通じて地震に関わる誰もが「役立つ情報を流通」させる。
「広告」の大切な一面を改めて感じさせてくれました。


こんなすてきな広告が作れたらいいな、なんて思いました。


それでは。



余談

まだまだ日本で多いフィーチャーフォン(ガラケー/いわゆる普通の携帯電話)でのユーザーに対しての情報告知がうまくいっていないと思ったのか、50分後に以下のツイートも。(最初のツイートは17時44分→携帯版告知は18時31分)



ブログのシステムですが、PC・スマートフォン向けの告知はGoogleのBloggerで、ケータイ版はTumblrなんですね。
2つに分けているのは、同じブログのシステムに掲載していると、そのシステムが止まったときに表示できなくなってしまうので、リスク分散が目的かしら。






カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ