Perlでプロポーズ


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ Today's latte, Perl. by yukop夜中にコーヒー吹き出したので、シェア。 Perl と人生(Perl and Life) from mayumine このスライド、Perlというプログラミング言語の話なので、わかる人にしかわからないかもしれないけど、英語がわかればなんとなーーーーくわかるだろう。それで、15枚目のスライド「プロポーズ」ですが、ここで吹き出した。(
Today's latte, Perl.
Today's latte, Perl. by yukop


夜中にコーヒー吹き出したので、シェア。




このスライド、Perlというプログラミング言語の話なので、わかる人にしかわからないかもしれないけど、英語がわかればなんとなーーーーくわかるだろう。


それで、15枚目のスライド「プロポーズ」ですが、ここで吹き出した。
(ne 'YES'あたりで。「ne」は「Not Equal」の略、つまり「等しくない」、ここでは「answer() ne 'YES'」とあるので回答と'YES'が等しくない、がその意味)

do {
will_you_marry_me( $me => $girlfriend );
} while ( $girlfriend -> answer() ne 'YES' );
my $wife = $girlfriend;


いやはや、諦めないことが大切ですね。


ちなみに書いてある内容は
「while ( $girlfriend -> answer() ne 'YES' )」 ガールフレンドの回答が'YES'ではない間
「do {will_you_marry_me( $me => $girlfriend );}」 プロポーズをガールフレンドにする。
「my $wife = $girlfriend;」 ガールフレンドは妻となる。
といったところでしょうか。


いやはや、これぞセンスのあるプレゼンテーションって感じですな。
こんなプレゼンをいつかしてみたいものです。


それでは。


SlideShareの余談

ちなみにSlideShareはAdobe PDF形式でファイルをアップすると、書いてある文字をページの下の方に「Presentation Transcript」として自動的に掲載してくれる(修正不可能)。

これ、大変便利な機能なんだけど、ヘッダーとかフッターに入っている文字も拾っちゃうから、場合によってはウザイんだよね。

あ、そうそう、見えない隠し文字も拾うからね!


ということでプロポーズのスライドは…
05, プロポーズ ・非常に優秀な対話型検索機能 ・そこにジョブズの人格が雇っているという do{ ソース:虚構新聞 will_you_marry_me( $me => $girlfriend ); } while ( $girlfriend->answer() ne YES ); my $wife = $girlfriend;
Perl と人生(Perl and Life)
ソースは虚構新聞(笑)。

@mayumineさん、何書いているんですか(笑)。


Movable Typeにはいつもお世話になっております。m(_ _)m


情報元

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ