久しぶりにキリン メッツ(炭酸飲料)を買って飲んでみた


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 近所のスーパー(原信)でメッツを買ってきました。って今話題の特保(特定保健用食品)のコーラのメッツじゃないのよ(笑)。そっちだと思った人は残念でした(汗)。メッツグレープフルーツ味を一口飲んで、思ったのは「ああ、メッツだなぁ…」ということ。
近所のスーパー(原信)でメッツを買ってきました。


って今話題の特保(特定保健用食品)のコーラのメッツじゃないのよ(笑)。

そっちだと思った人は残念でした(汗)。


メッツグレープフルーツ味を一口飲んで、思ったのは「ああ、メッツだなぁ…」ということ。

メッツといえば微炭酸ですよね(笑)。
強くない炭酸飲料。私が昔飲んでいた時にはかなり衝撃的でした。


今回のパッケージには微炭酸といった記述はありませんでしたが、強い炭酸ではないことは確実です。
グレープフルーツの味は多分以前と変わらない感じで仕立てられていますね。



無果汁ですが、液体の色がポカリスエットみたいな薄い白色だったり香りがグレープフルーツの爽やかな香りだったりと、それなりにグレープフルーツ感は楽しめます。


キャッチコピーにある「シャープな刺激」は飲んだ感じ、無いと思います(汗)。
このキャッチコピーは強炭酸的なイメージがあるのですが…。
たぶん飲んでいる人はそういうのは求めていないと思う。


それにしても、サイダー関係は、スーパーではメッツの脇にスプライトがあったりして、復刻版が流行りなんでしょうかね。(スプライトは多少量が減ってもスリムなボトルの方が雰囲気が出ると思うのだが…)


メッツやスプライトなどは明らかに30代から40代狙いなのでしょう。
子ども達はたぶん知らないでしょうからね。


私は高校へ行く登り坂の途中のお店の自動販売機にメッツがあって、いつもそこで買って飲んでいました。
懐かしいです。

Facebookにこのメッツの写真を投稿(※)したら「昭和の味」などとコメントが付いていました(笑)。 

昭和の味のメッツ、また見つけたら買ってしまいそうです。


それでは。


※表示はFacebookのお友達までです。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ