【磐越道】新津西スマートICが12月17日にオープン! これで新潟も近くなるな!


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 結構長く工事をしていて、早くオープンしないかなと思っている道路があります。それは新津バイパスからの高速道路への乗り入れ口です。この乗り入れ口のオープンの目処が新潟日報のネット版に書いてありました。
20111129-niitsu-nishi-smart-ic-00


結構長く工事をしていて、早くオープンしないかなと思っている道路があります。

それは新津バイパスからの高速道路への乗り入れ口です。
この乗り入れ口のオープンの目処が新潟日報のネット版に書いてありました。

オープンは12月

2011年11月10日版の新潟日報のネット版には新津西スマートICは12月に供用されると書かれていました。もうすぐですね。

新津西スマートIC来月供用開始へ 国道の渋滞緩和期待

 新潟市秋葉区福島の磐越道に建設中の「新津西スマートインターチェンジ(IC)」が12月に供用開始となることが9日までに固まった。自動料金収受システム(ETC)搭載車が24時間利用でき、接続する国道403号の渋滞緩和が期待されている。

同ICは同市と東日本高速道路が新潟中央ジャンクション(JCT)と新津IC間に新設。既存のパーキングエリアなどを使用しない本線直結型で、国道から高速道に乗って新潟市中心部方面に向かう車と、高速道で中心部方面から来て国道に降りる車が利用できる。
新潟日報社 netpark ::: 新津西スマートIC来月供用開始へ

ETCを搭載していないと乗り入れができない仕組みになっていますが、これは現時点では仕方が無いですね。高速道路の利用料金が無料にでもなれば変わるのでしょうけれども…。

このスマートICで24時間OKというのは嬉しいですね。
場所によっては24時間OKではなく、深夜~朝は通行不可という「なぜそうなっているの?」というスマートICもありますから、いつでも通れるというのは良いことです。


加茂方面からの新津バイパスから亀田・新潟方面への乗り入れができることは結構良いですね。
というか、なぜ新津バイパスに最初から直結して乗り入れ口を作らなかったのが謎過ぎるのですが…。どう考えても現在の新津ICは外れの方にあり、新津のユーザーというよりは隣接の市や町に配慮した感が否めない状態になっています。

新津西スマートICができれば、私も外れの方にある新津ICは使わなくなるのでとっても嬉しいです。
まぁ、会津方面へ行くときには仕方なく新津ICを使うことになりますが…。


12月の何日から使えるの?

「新津西スマートIC」で検索したらWikipediaの項目が表示されて日時が表示されているのですが、明確な出典が書いていないので外部リンクにあったNEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)のページから検索してプレスリリースを探しました。

新津西スマートインターチェンジ(IC)は、磐越自動車道と国道403号の交差箇所において、東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)及び新潟市が整備を進めておりますが、12月17日(土)午後3時から供用を開始します。

新津西スマートICは黒埼、豊栄に続く市内3箇所目のスマートICとして、地域の観光・産業の活性化、救急医療施設へのアクセス向上などが期待されます。

なお、この供用開始にあたり、開通記念式典を同日午後1時に現地にて行います。
プレスリリース 新潟支社|プレスルーム|NEXCO 東日本

結構時間が掛かっていたみたいだけど、どれくらい時間とお金が掛かったのかも書いてありました。
全体事業費 約29億円
事業期間 平成21年度~平成23年度
プレスリリース 新潟支社|プレスルーム|NEXCO 東日本
ってこれだけで29億円も掛かるのか!Σ(´д`;)


付属のPDFを読んでみると、新潟方面へは新津ICから約5.7kmの距離が短縮されるそうです。
とても良いですね!

ってか5.7kmもあったのか!
20111129-niitsu-nishi-smart-ic-01

新潟西ICまでは今までより100円安くなるようです(笑)。

まぁいずれにせよ安くて便利になるので高速道路を使う時にはガンガン使っていきたいですね。
利用者が結構いそうで混みそうだなぁ。


あと、昨日は新潟で開催されているIT系の勉強会「内野ソーシャルカフェ」に行くために高速道路を利用して、新津西スマートICからの高速道路本線から乗り入れまでの距離を見てみたのですが、結構短いですね。加速をかなり意識して行わないと厳しいかもしれません。
まぁ、そんなに交通量がないから気にしなくても良いのかもしれませんけど(; ̄Д ̄)


そんなわけで12月17日が待ち遠しいです。それでは~(^-^)/



カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ