一瞬でGmailのメール作成画面にするブックマークレットを作ってみた


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ どのページを見ていてもすぐに画面をGmailのメール作成画面に切り替えるブックマークレットを作ってみました。カスタマイズも簡単です。

20170208-今すぐGmailのメール作成画面に移動-01

Gmailは便利なんだけど、Gmailからメールを作成するために、わざわざGmailの受信トレイのページを出して、「メールを作成」をクリックするのはちょっと面倒。

時間もかかるし、ササッとメールを送信したいですよね。


さっさとメールを作成する画面が開けばいいのに!って思います。


そんな悩みを解消するブックマークレットが「インスパイア気になるページをGmailで送信 - Fascinated by Mozilla FireFox .」と言うページで紹介されていました!…と思ったらブックマークレットじゃなくて、アドレスでした(^_^;



こんな感じで「to=」のあとにメールアドレスを入力しておけば、送信先が自動的に入力されます。便利~。


これで気軽にGmailが送信できますね。 (´▽`)


本当は「su=」の後に文字を入力しておけば決まったタイトルが入ったり、「body=」の後に文字を入力しておけば本文の所に予め文字を入れたりすることもできるのですが、日本語が入るとURLエンコーディングしないとダメだったりするので、やりたい人は頑張って入れてください(;´Д`)

というのを書いて、(下書きにしておいて)一晩寝たら気が変わったので、ブックマークレットを作ってみました。


下のリンクをブックマークして下さいね。


内容は以下の通りです。

javascript:to='info@example.com';subject='[Gmail]';body='';location.href='https://mail.google.com/mail/?view=cm&fs=1&tf=1&to='+to+'&su='+encodeURIComponent(subject)+'&body='+encodeURIComponent(body);


最初の「to=''」「subject=''」「body=''」の「''」の所に、メール作成の時にあらかじめ入れておきたいものを入れます。
上のリンクでは「to」は「info@example.com」に「subject」(メールのタイトル)は「[Gmail]」に、本文には何も入っていません。


JavaScript内でURLエンコーディングしているので日本語のタイトルや本文もOKで~す。


よろしければお使い下さいませ。


ブックマークレットは↓こちらを参考にさせていただきました。

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ