営業と開発者と仕事の環境と。


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ id:jkondoの日記とかEC CubeじゃないやEC studioの方のブログを読んで、ふと「開発者ってやつは突発的イベントは嫌い」なんだなぁって思った。コード書いている途中に電話に出ろとか、突然客対応しなさいとか、空気読めとか、そういう突発イベントが大変精神的な負荷になっているのではないかと思った。より良い開発環境というのはどんなものなんだろう。簡単に言ったら誰にも邪魔されない環境ってことか
チェスのイメージ
id:jkondoの日記とかEC CubeじゃないやEC studioの方のブログを読んで、ふと「開発者ってやつは突発的イベントは嫌い」なんだなぁって思った。


コード書いている途中に電話に出ろとか、突然客対応しなさいとか、空気読めとか、そういう突発イベントが大変精神的な負荷になっているのではないかと思った。より良い開発環境というのはどんなものなんだろう。簡単に言ったら誰にも邪魔されない環境ってことかな。

こりゃぁ前線にいる人たち(=営業)に理解させるのが大変だなぁ。前線の人の情報共有の仕方は「耳のどっかで聞こえているはず」とか、空気読め的なところがあるからなぁ。


どっちが正しいとかじゃないわけだけど、「人種」が違うわけで…というか、開発には開発の流儀が、前線は前線の流儀があるわけで、正しい・正しくないとかいうのは時間の無駄だから飲んでいる席でやってもらうことにしよう。


とりあえず、朝のキックオフイベントと夕方の報告みたいなのを発生させて、あとは好きにやってもらうしかないのかなぁ。即時性のない要件や諸連絡はメールで非同期で共有できるようにするとかして、強制イベントを発生させないようにしないといけないのかな。(朝のキックオフイベントを何時にするかも頭の痛い問題だなぁ)


私は根っからの開発の人間でもないし、根っからの前線の人間でもない中途半端な人間なんで、開発と前線の間に入って取り纏める(というか調停みたいな感じ?)役割が求められているのかも。


んー、できるかわからんけどやれるとこからやってみるか。


関連ページ


jkondoの日記 - 自転車旅行のように、仕事をしよう
http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20070729/1185756830

人生は時間(時間を何倍にも増やす40チップス) - EC studio 社長ブログ
http://blog.ecstudio.jp/ec_studio/policy/life_is_time.html

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ