印刷業界は眼鏡ッ娘萌えに向かう!


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ インターネット放送局ジャグラBB ってなわけで、会社で調べ物をしていたらジャグラBBを思い出しました。 ジャグラBB http://www.jagra.or.jp/jagrabb/ あーそういえばそういうのもあったよね、みたいな感じですが、週刊のニュースなどはきちんと続けられているみたいですね。 Illustratorなどのセミナーあたりは会社で活用したら良いのではないか

インターネット放送局ジャグラBB

ってなわけで、会社で調べ物をしていたらジャグラBBを思い出しました。

ジャグラBB

あーそういえばそういうのもあったよね、みたいな感じですが、週刊のニュースなどはきちんと続けられているみたいですね。

Illustratorなどのセミナーあたりは会社で活用したら良いのではないかしらとか、マジで思いました。自分で勉強しろっていってもなかなかやらないだろうし、共通のコンテンツを見ていれば評価者(≒上司)的にはレポートやらテストも簡単だしね。是非現場では活用して欲しいなぁと思ったりしました。

トップページを見ていたら…眼鏡ッ娘。

で、そんななか、トップページを見ていたら、ウチの社長が。

ジャグラBB2

じゃなくて、なんか眼鏡ッ娘な画像が。こ、これは! ?

むむ、そんなイベントがあったのね。冬もあるみたいですね。秋にもやって冬にもやるとは結構活発な活動ですね。

まーイベントはどうでもいいので眼鏡ッ娘の映像を見たいので「詳細へ」をクリックして、サンプルをクリックします。

眼鏡っ娘-01

むむ。オープニングで眼鏡を強調とは、やるな…。<何が(^-^;

まぁいつもは眼鏡を掛けていないみたいだから視聴者に向けてアピールってことで。

いいねーいいよー。(笑)

DTP従事者には眼鏡の人が多いから多くの方々から共感を持てることは間違いないね。

眼鏡っ娘-02

で、この「がんばりますっ」ってシーンが一番グッとくるね。どうよ。(誰に向かって言っているんだ?)

というか後は普通のブースの紹介なので、どうでもいいちゃぁどうでもいいのだが。最後のMicrosoftのVistaはエンタープライズがディスクを暗号化できるみたいな話が出ていて興味を持てた。Aeroなインターフェイスもノートパソコンできちんと動くものだなぁと思ったり。(でもスペックが分からないけど)

まぁ13分なんでさらっと流して見れます。

というか眼鏡ッ娘の画像を見た瞬間、ジャグラBBの方向性は間違っていないぜ!って思いました。<違

ぜひ今後も続けてください。

木村恭子さんって誰?

レポーターの木村恭子さんはジャグラBBのナビゲーターなわけですが、プロなんだよなー?でも印刷業界のことはちょっとは知っているのかな?と思ったのでGoogle様で調べてみた。

あ、やっぱりプロか。当たり前か。でも全然印刷業界とは無関係だわな。それで(お仕事とはいえ)セミナーにも参加されたとは、マジお疲れ様です!と思っちゃいました。(ちんぷんかんぷんだったろうなぁ)

木村恭子

普段はやっぱり眼鏡ッ娘じゃないみたいです。しくしく。(まぁジャグラBBのレポートでも「眼鏡で気合いが入っている」といった感じの言葉があったからね)

他も調べてみるとlivedoorでブログも書いていたみたい。ちょっとだけ。(内容が千葉ロッテマリーンズの話があったので)

毎日じゃなくても良いのでこういうのは続けて欲しいなぁと思ったり。

ジャグラBBプレビューの時の木村恭子さん(眼鏡なし)もかわいいですな。(^-^) 笑顔がイイね!

ジャグラBBのナビゲーターのお仕事がんばってください!

イベント補足

文中に出てきた印刷関連のイベントの開催要項は以下の通りです。

イベントタイトル:PAPIT Forum 2006 冬

■開催日時:2006年12月8日(金)10:00~17:30
■主催:株式会社 大塚商会
■協賛:PAPITプロジェクト
■会場:株式会社 大塚商会 本社ビル3階 
イベント ぱぴっとタウン

主催が大塚商会なのね。ふむふむ。

宣伝(?)

ジャグラBBの中のウチの社長が出ているのでよろしければどうぞ。

自分的には聞き飽きた内容ではありますが(当たり前か)。まぁ売り上げが30%ダウンしても(印刷機を買ったり、折り機を買ったりと)会社がきちんとしているのはすごいことなのかも(よくわからんけど)。


ジャグラBBさんは機材も本格的なものを持ってきて取材していましたね~。でもジャグラBBってそういう機材とかスタッフとかのイニシャルコストが結構掛かってそうですけど大丈夫なのかしら。社会貢献の一環?であれば嬉しい限りですね。

カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ