Googleパワーアップ&Google文字化け


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ Google で、ヤマトの荷物配達状況や企業の株価などが検索可能に (internet.com)のニュースにあるように、4月22日にGoogleが検索エンジンの改良を行いました。ヤマトの荷物検索は「ヤマト」+「空白スペース」+「お問い合わせ伝票番号(12桁)」で出てきますし、「株価」+「空白スペース」+「会社名」でその会社の株価が出てきます。「和英」+「空白スペース」+「単語」、「英和」+「空白ス
powered by Google

Google で、ヤマトの荷物配達状況や企業の株価などが検索可能に (internet.com)のニュースにあるように、4月22日にGoogleが検索エンジンの改良を行いました。

ヤマトの荷物検索は「ヤマト」+「空白スペース」+「お問い合わせ伝票番号(12桁)」で出てきますし、「株価」+「空白スペース」+「会社名」でその会社の株価が出てきます。「和英」+「空白スペース」+「単語」、「英和」+「空白スペース」+「単語」で英語⇔日本語が変換できるのはすばらしいですね。

いままで辞書は「goo辞書」(goo.ne.jp)を使用していましたが乗り換えてしまいそうです。「国語辞典/新語辞典」がありませんので、まだまだgooを使いそうですが。

そんなうれしい改良のおかげで、自作のGoogleの検索窓が使えなくなっていました。ページがシフトJISだったのですが、“Google”検索の仕様変更で検索結果が文字化けしてしまうソフトが続出(impress.co.jp)のニュースを見る限り、検索クエリーの文字のエンコードがUTF-8に変更されているようでしたので、

<input type="hidden" name="ie" value="shift-jis">
<input type="hidden" name="oe" value="shift-jis">

なんていう検索詞を与えてあげて強制的にシフトJISにしました。

まぁ「oe」の方はoutput、つまり検索し終わった後の表示の画面ですがシフトJISが良かったのでシフトJISにしています。(っていうかNetscpe Navigator4.7だとUTF-8での検索結果表示が化ける場合が多いような気がするなぁ…)

#ちなみに本文中のHTML特殊記号は「特殊文字リファレンス」(htmq.com)を参考にしました。大変参考になりました。いろいろな記号が出せるのですねぇ。


<追記>
「Google仕様変更、ブラウザやWebサイトによっては文字化けの可能性も」(impress.co.jp)をよく見ていたら検索詞のところで上の記事の間違い発見…っていうか動いているからいいんだけれど(そうか?)、文字のエンコードの指定は「shift-jis」ではなく「shift_jis」だった。でもEUCは「euc-jp」なのね…。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ