DTPな人たちがお世話になっているだろうFlightCheckのあの人


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 何か久しぶりの投稿。はてなダイアリーの方は更新しているが。画像ネタなのでこっちに書かないとダメという事情もあって(笑)、久しぶりに更新しようと思う。それもしょうもないネタだが。(と言い訳)DTPで印刷用データを手がけている人たちはどこかの工程でお世話になっているであろうMarkzwareのFlight Checkですが、そこらへんのMarkzware本家のところでメールアドレスを登録したらセールス
メールの本文FlightCheck Classic-J v4.1 for Macintosh
何か久しぶりの投稿。はてなダイアリーの方は更新しているが。

画像ネタなのでこっちに書かないとダメという事情もあって(笑)、久しぶりに更新しようと思う。それもしょうもないネタだが。(と言い訳)

DTPで印刷用データを手がけている人たちはどこかの工程でお世話になっているであろう
MarkzwareのFlight Check
ですが、そこらへんのMarkzware本家のところでメールアドレスを登録したらセールスのメール(HTMLメールだ。いまさらプライバシーやウイルスがどうこう言うな。)がちょくちょく来ます。たまにBeta版のお試しの案内なんか来るのでおもしろがっていますが、今回のメールの内容で何か変な人の画像があったのですが、FlightCheckを使っていると何となく納得できる格好なのではないでしょうか。というか、データがOKの時にしか出てこない人ですからほとんど会いませんけどね!

まぁそんなところで。

ついでにPDF/Xとかでもそうなんですが、諸外国ではオンラインプリフライトなんちゅうのが結構あります。画像でも映っていますが、Ready2RIPなんちゅうサービスもおもしろいかもしれませんね。PDFやQurkXPress・Illustrator・Photoshopなどのデータが印刷に適しているかをチェックできます。ちょっと自分のマシンのフォントフォルダなどを検索されるから気持ち悪いと言えば気持ち悪いけどね。


Why Use It?
80% of all customer print files submitted to printers are NOT ready to print.

DB Incorporated Software Packaging & CD Media Replication

▲その通りです(笑)。まぁ最近はPDFなんかも流行ってきたから20~50%程度になってきたような気もしますが。
カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ