犬の気持ちになって考えた消臭剤 「消臭元 supported by いぬのきもち」とは?


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ 小林製薬から、犬の気持ちになって考えた消臭剤「消臭元 supported by いぬのきもち」というかわいらしいパッケージの商品が出ていたので、思わず買ってしまいました。折角なのでレポートします。
小林製薬さんから、かわいいパッケージの芳香剤が発売されていました。
別に芳香剤は要らなかったのですが、店頭でパッケージ買い。


折角なので紹介レポートを書きます(笑)。


今回紹介する商品は「消臭元 supported by いぬのきもち」です。
20131102-消臭元-いぬのきもち-01

パッケージには犬の写真が大きく掲載されており、コピーとして「犬の気持ちになって考えた消臭剤」と書いてあります。

犬の気持ちになって考えたって何だよ!と思う訳ですが、左下にはよく見ると「ワンちゃんリラックス」とあります。


ふむ、犬がリラックスする消臭剤(芳香剤)ということか?

雑誌「いぬのきもち」の読者のアイデアから生まれた商品

と、パッケージの横を見てみると、ベネッセコーポレーションが協力しており、雑誌「いぬのきもち」の読者のアイデアらしい。
20131102-消臭元-いぬのきもち-02


雑誌「いぬのきもち」とは何? 書店でみたことがない!という方はこちらから
20131102-消臭元-いぬのきもち-09
画面出典:犬の健康・病気対策 | いぬのきもちweb・ねこのきもちweb


この雑誌は犬と一緒に暮らす人のための生活総合誌で、書店での販売はしておらず、 ベネッセコーポレーションから直接販売のみの雑誌のようです。



●ドッグハーブセラピスト推奨の商品

さて、そんな「いぬのきもち」の読者のアイデアから生まれた消臭元ですが、パッケージの裏面を見てみると、こんな文言が。(よくみたら表面の右上にも小さく書いてあったわ…)


ワンちゃん特有のニオイをしっかり消臭
ドッグハーブセラピスト推奨!ワンちゃんリラックスのやさしい香り


なるほど…ってドッグハーブセラピストって今度は何だ~?(´д`;)


で調べてみたら
「ドッグハーブR」を用いて、犬の心と身体のケアをおこないます。
様々なハーブに関する知識だけではなく、犬のケアへ活用するためのスキルを学んでいただく通信講座です。
通信講座を修了した方には、当協会より「修了証」を発行しています。
また、講座修了者は認定試験を受験することができます。
試験に合格した方には、「ドッグハーブコーディネーター」として認定され 仕事に活用することができるようになります。
ドッグマッサージセラピスト資格|犬の心と体の専門家を育てる 日本ドッグホリスティックケア協会 JDHC 公式サイト
とのことです。資格なんですね…。


●香りはどうなの…?

さてそんなドッグハーブセラピストも推奨するリラックスする消臭元はどんな香りなのでしょうか。

さわやかな感じの香りがしますね。ハーブっぽい成分も入っているのかな?(他のハーブの香りの
芳香剤などとは少し違いますが)

寝室というよりは居間やデスク付近に置くと良さそうな香りになっています。


我が家のワンコ様もこれで少しは落ち着いてくれればよいのですが、…どうやら、その効果が出るのは少し時間が必要のようですね(苦笑)。


それでは。


●商品の外観の写真

最後に商品の外観を掲載しておきます。

正面から。
犬の足跡を模した穴やくぼみがあり、かわいいですね。
芳香成分の水色のビーズが見えてナイスです。
20131102-消臭元-いぬのきもち-04



裏面から。
20131102-消臭元-いぬのきもち-06


側面から。
芳香成分のあるビーズはかなり大きいです。
20131102-消臭元-いぬのきもち-07


最後にパッケージに、この商品ならではの注意書きがあったので紹介します。


犬向けの商品ということで、犬の近くにこの消臭元を置いてしまうことがあると思います。

なので、注意書きもこんな感じ。

「愛犬がかみついて遊んだりすると誤って食べる恐れがあるので、ご家族の方は充分に注意する。外出時や目の届かない場合は犬の届かないところに置く。」
20131102-消臭元-いぬのきもち-08

普通は子供が誤って食べてしまう恐れが…みたいなものだと思うのですが、犬向けの商品ということでこういう注意書きに。
犬を飼っていれば分かりますが、確かにこういうものを噛んで遊ぶのは想像に難くないですな。


あと、「飼い主」ではなく「ご家族」としているところもポイント高いなと。
犬を家族として扱っている方は多いですからね。
ユーザーの言葉を気とんと考えた良い表現だと思います。



カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ