Microsoft Surface Pro 2を購入しました! パッケージを開封した写真レポート。


  • 公開:
  • 更新:
  • 編集:
概要 ▶ MicrosoftからWindows 8.1Pro搭載のSurface Pro 2が2013年10月25日に発売されたのでSSD 256GBモデルを購入してみました。その写真レポート。

以前からSurfaceは気になっていましたが、Microsoftが「明日からSurface 2発売するわ」(PC Watch)とかAppleみたいなことを木曜日(2013/10/24)に発表するので、慌ててその週末に買ってきました。


現在使用中のDellのPCがCore2Duoで数年使っていて、さらにデスクトップだから持ち運べないし、UltraPCかなにかが欲しかったのですよね。そこにSurface Pro 2が登場したので購入したというわけです。



購入したところはビックカメラ新潟店。

ビックカメラさん、9/28にiPhone 5s予約して1ヶ月経つからそろそろ来ませんかね…。



購入モデルはSurface Pro 2でメモリ8GB+SSD 256GBのモデル。

価格は値引きなしの129,800円!

なお、ポイント還元はレシートを見ると1%のようなので、実質128,502円ということになりますね。



それでは早速パッケージを開けてみましょう。


上にあるSurface Pro 2のパッケージで右端が斜めに白くなっていますが、ここは中の箱になっています。

横に引き出すとSurfaceの文字が入った白い箱が出てきます。

シンプル!



あ、そうそう、箱のサイズがかなり小さくてビックリしました。

説明書も入っていないそうで、最近のスマートフォンか!って感じですが、参考までに書籍を横に置いてみました。

なお、横に置いてあるのは翔泳社さん発行の「デザイン・フォーラム」。13人の共著ですが、私も少し書いていますので興味があったら買って下さい!(印税は私に入りませんがw;会社名義なので)



CMはそれくらいにして、中の箱を開けます。


Surface本体と電源ケーブルが出てきました。中身としては基本的にこれだけ。

キーボードは別売りなので、キーボード入力したい方は買う必要があります。

というかSurface Proの場合、OSが単なるWindows 8.1だからキーボードは必須ですね。



電源はAppleの衝撃で取れやすい電源ケーブルっぽい端子です。

なお、上下はないみたいなので、どっち向きに付けてもOKです。



コンセント部分を含めてもこんな感じで結構コンパクト。

Xbox 360の電源に比べたらコンパクト。



他にはSkypeの固定電話掛け放題1年間分のコードとSkyDrive 200GBを2年間使えるコードとOffice 2013(日本はもちろんHome&Bussinessでビジネスにも使えるモデル)のプロダクトコードが入っていました。

Skypeの固定電話への掛け放題は既にケータイへ60分掛けられるコース(400円/月)を現在使っているのであまりうれしくなかったり…。



マニュアルでは無く、薄い取扱注意書きの冊子も入っていますが、他言語版なので、日本のページは数ページ。



デジタイザーペンも付属します。

MicrosoftはWindows Mobileの時からペンにこだわるな…。


今使っているPCはワコムのタブレットBAMBOOを使っているので、違いを今後見ていきたいと思います。



そんなわけで、中身を見たレポートでした。

Surfaceの使い勝手のレポートはまた別の機会に書いてみようと思います。



それでは。


カテゴリー:

このページをぜひシェアしてください

こんな記事も読まれています

リアクションやコメントをどうぞ